看護師ブログはこちら
免疫・アレルギー性疾患/膠原病

免疫グロブリン IgG IgM IgA IgE 特徴 覚え方 語呂合わせ

Pocket

免疫グロブリン

IgG

  • 血中に最も多量
  • 感染後1〜2週間で産生
  • 胎盤を通過できる

IgM

  • 分子量が大きい
  • 免疫応答初期に産生

IgA

  • 消化管や気管からの分泌液中に多い
  • 母乳(特に初乳)に多い

IgE

  • Ⅰ型アレルギーに関与
  • ヒスタミン等の化学伝達物質を遊離

無料お試しあり!!STUDYing オンライン看護師国家試験対策講座 要点に絞った動画講義を受け放題!

ゴロ

IgG

「グループ対バン多い いい二周」で覚える!

グループ:IgG

対バン胎盤

多い:血中に最も

いい二周:感染後1〜2週間で産生

IgM

「初期の マック 大きい」で覚える!

初期の:免疫応答初期に産生

マック:IgM

大きい:分子量が大きい

IgA

「ええ母乳 分泌多い」で覚える!

ええ:IgA

母乳母乳(特に初乳)に多い

分泌多い:消化管や気管からの分泌液中に多い

IgE

「アレルギー1つでいい ヒステリー有利」で覚える!

アレルギー1つⅠ型アレルギーに関与

いい:IgE

ヒステリー有利ヒスタミン等の化学伝達物質を遊離

ABOUT ME
はろりく
社会人から看護師になりました。 109回看護師国家試験合格。 必修45点 一般状況200点。 勉強したことの全てをお伝えします。