精神看護学

疾病・障害の受容過程 キュブラー・ロス、フィンク、ションツ、コーン

キュブラー・ロス

  • 死にいく患者の心理的プロセス
  • 死の受容過程

①否認

「自分が死ぬわけない・・・」

死を認められない。

②怒り

「なんで自分が?」

何事にも怒りを感じる。

③取り引き

「なんでもするからお願いだから生きさせて。」

死なずにすむならと何かにすがろうとする。

④抑うつ

「どうせ死ぬんだから何もしたくない。」

取り引きがムダであることに気付き抑うつ状態になる。

⑤受容

「私は死ぬ。残りの人生を大切に生きよう。」

自らの死を受け入れる。

ゴロ合わせ

①イヤイヤ→②プンプン→③スリスリ→④ブツブツ(独り言)→⑤仕方ない

 

ゴロ合わせ

「HITUJI」

  • H:否認
  • I:怒り
  • T:取り引き
  • U:抑うつ
  • JI:需要

 

 

フィンク

  • マズローの動機付け理論に基づく、危機から適応までの過程
  • 脊髄損傷患者を対象とした研究

①衝撃

「えっ!?何を言っているの?」

ショック・不安から混乱する。

必要な看護

  • あらゆる危険から患者を守る。
  • 思いやりを持ち寄り添い、暖かく見守る。

②防御的退行

「そんなわけがない。信じない。」

現実逃避、怒り、非難をして自分の身を守る。

必要な看護

  • 患者をそのまま受け入れる。
  • 安全、安楽の保証

③承認

「やっぱりそうなんだ。どうしよう。」

逃げられないことがわかり現実に直面。

再度不安が襲う。

必要な看護

  • 現実の再認識、残存機能の活用ができるように安全を保証し励ます。

④適応

「自分らしく生きるぞ!」

自分のアイデンティティを再認識。

価値観を再構築する。

必要な看護

  • 必要な資源を提供し、成長を促す。

 

ゴロ合わせ

『スフィンクスは消防士の敵』

  • スフィンクス:フィンク
  • しょう:衝撃
  • ぼう:防御的退行
  • し:承認
  • てき:適応

 

ションツ

  • フィンクの危機モデルにそっくり
  • 危機状態のプロセス
  • 乗り越え難い障害との直面

①最初の衝撃

「えっ!?何を言っているの?」

ショック・不安から混乱する。

②現実認知

「悪夢じゃなくて本当の事なんだ・・・」

③防御的退行

「そんなわけがない。信じない。」

現実逃避、怒り、非難をして自分の身を守る。

④承認

「やっぱりそうなんだ。どうしよう。」

逃げられないことがわかり現実に直面。

再度不安が襲う。

⑤適応

「自分らしく生きるぞ!」

自分のアイデンティティを再認識。

価値観を再構築する。

 

コーン

  • 突然の身体障害を受けた患者
  • 障害受容に至るまでのプロセス

①ショック

「え!?何を言っているの?」

ショック・不安から混乱する。

②回復への期待

「もしかしたら治るかもしれない!」

もしかしたらと希望を持ち、すがりたくなる。

③悲嘆

「何をやってもムダなんだ・・・」

期待したことがムリだとわかり落ち込む。

④防衛

「もう何も考えたくない。」

現実逃避をして自分の身を守る。

⑤適応

「自分らしく生きるぞ!」

自分のアイデンティティを再認識。

価値観を再構築する。

ゴロ合わせ

『コーン食べたショッカー、悲しい 防衛敵に破られる』

  • コーン:コーン
  • ショッ:衝撃
  • カー:回復への期待
  • 悲しい:悲嘆
  • 防衛:防衛
  • 敵に:適応

 

ABOUT ME
はろりく
社会人から看護師になりました。 109回看護師国家試験合格。 必修45点 一般状況200点。 勉強したことの全てをお伝えします。