看護師ブログはこちら
健康支援と社会保障制度

精神保健福祉法に基づく精神科入院形態 覚え方 語呂合わせ

Pocket

精神科入院形

任意入院

  • 患者の同意がある(書面による本人意思確認が必要)
  • 精神保健指定医の診察は必要なし
  • 本人が退院したいと言ったら、退院可
  • 精神保健指定医が必要と認めれば、72時間以内の退院制限が可能

本人自ら入院すると言っているので緊急性は低い。
よって医師の診察も必要ないし、本人が退院したいと言えば可能。

医療保護入院

  • 患者の同意は得られない
  • 家族のうち、いずれかの者が同意している
  • 精神保健指定医1人による診察が必要

患者は認めないが家族が入院させたい。
本人は認めていないので医師の診察が必要。

応急入院

  • 患者の同意は得られない
  • 家族等の同意が得られない
  • 精神保健指定医1人による診察が必要
  • 72時間以内の入院のみ

本人は認めず、家族の許可もないため、応急的に入院する。
そのため医師の診察は必要だし、日数も限られている。

措置入院

  • 患者の同意は得られない
  • 精神保健指定医2人以上の診察が必要
  • 自傷・他害の恐れがある場合
  • 入院の必要性を決める権限は都道府県知事

自傷他害の恐れがあるため入院させる。
医師2人の判断によって入院の必要性を判断する。

緊急入院

  • 患者の同意は得られない
  • 精神保健指定医1人の診察で可能(緊急だから)
  • 自傷・他害の恐れが著しく高い場合のみ
  • 入院期間は72時間以内
  • 権限は都道府県知事

自傷他害の恐れが著しく高いので超緊急!!!ということで医師1人の判断で良い。
ただし入院期間は72時間。

それぞれの緊急性と違いを理解すると覚えやすいです。

【看護師国家試験】これだけで絶対合格!アプリを活用した簡単シンプル勉強法

ゴロ

「精神2位 遅き!」で覚える!

精神精神科入院形態

意入院

療保護入院

急入院

置入院

急入院

ABOUT ME
はろりく
社会人から看護師になりました。 109回看護師国家試験合格。 必修45点 一般状況200点。 勉強したことの全てをお伝えします。