基礎医学

ホメオスタシスー恒常性維持機能ー ネガティブフィードバックとポジティブフィードバック

ホメオスタシスとは

外部環境の変化に対して内部環境の恒常性を維持していく機能。

人間が生存していく上で必要な機能で、各器官の相互作用によるフィードバックシステムによりホメオスタシスは保たれる。

ホメオスタシスがはたらく系統

神経系

  • 電気信号(インパルス)を使う
  • 即効性がある

内分泌系

  • 血液を介してはたらく
  • 効果が出るまで時間がかかる→その分持続力あり!

フィードバックシステム

ネガティブフィードバックシステム

外部からの刺激に対して、逆の反応が起きるシステムを、ネガティブフィードバックシステムといいます。

ネガティブフィードバックシステムが働く対象には、体温、ホルモン分泌、血圧、間質液の性質、血糖や、などがあります。

負のフィードバック機構を構成しているのは、ほとんどが内分泌系と神経系です。

 

ネガティブフィードバックの仕組み

体内・対外の状況の変化によりホメオスタシスが崩される

生体の変数の変化が受容器(レセプター)に伝わる

受容器(レセプター)はその変化を信号として求心路を通して調節中枢に送る

調節中枢で情報を解析し、正常な値(設定値)を決定

調節中枢によって目標の効果器(エフェクター)の働きが調節される

効果器(エフェクター)の反応によって生体の変数が正常な値(設定値)へと戻される

 

ボジティフフィードバックシステム

外部の刺激によって反応が促進・増強されるシステムを、ボジティブフィードバックシステムといいます。

ボジティフフィードバックシステムが働く対象の主なものには、生殖機能、血液の循環と止血などがあります。

 

 

 

ABOUT ME
はろりく
社会人から看護師になりました。 109回看護師国家試験合格。 必修45点 一般状況200点。 勉強したことの全てをお伝えします。